男の人

事務机は多機能になっている|机を変えて作業効率アップ

働く意欲を掻き立てる

会社

モチベーション向上

従業員満足度を向上するために重要な施策としてオフィスの環境があります。立地条件など簡単に変更することができないものもありますが、オフィスのレイアウト環境などは簡単に変更することができます。オフィスデザインを変更することで社員のモチベーションを向上させることも可能なのです。オフィスデザインは、かつては効率化を重視するために導線を中心にレイアウトされることが多くなっています。しかし最近では、パソコン作業が中心となるため、立ち歩く機会が少なく、導線が一番の環境とは言えなくなっているのです。またフリーレイアウトなど固定席ではなく。自由なレイアウトに座ることのできる環境も増加しているため、オフィスデザインは無限の可能性を秘めているのです。

開放感を重視

オフィスデザインを考慮するうえで、大事なのは開放感です。部署ごとの隔たりは環境を悪くする要因となります。そのため、フリーな解放感あるレイアウトが社内の風通しを良くします。隣の部署に気軽に出入りできるような環境はコミュニケーションを活性化させます。そして会議なども会議室を作るのではなく、会議スペースを設けるなど開放感を重視することで閉塞的な会議ではなく、開放的な内容の会議になります。社長や役員などは別室を持っていることが多いのですが、できる限り社員と同じスペースで仕事をするようなレイアウトにすることによって社内の状況を見渡すことができるとともに現場の状況を把握できるメリットがあります。開放感があるレイアウトが人気になっています。